【怒りをコントロールする方法】感情的になって後悔しないために

ついつい怒りの感情を

相手にぶつけてしまうことって

ありますよね😰

 

その時はスッキリしても

あとで「あ~、どうしてあんなこと

言っちゃったんだろ💦」って後悔するし

 

相手との関係もギクシャクしてしまう😱

結局、自分も相手も

気分が悪くなるんですよね😫

 

ここでは、不必要なイライラや怒りを

コントロールする方法をお伝えしますね。

第一感情と第二感情

実は、「怒り」というのは

二番目に感じる感情(第二感情)

「怒り」よりも先に感じる

「第一感情」というものがあるんです。

 

怒りは、出来事に対して

真っ先に感じる感情ではないということです。

 

例えば…

夫が、すごくビール🍺が好きだったとします。

 

あまりに沢山飲むから

「もう!飲みすぎ!

これ以上飲んじゃダメ!」って

怒っちゃった(-_-;)

 

この時の第一感情は「心配」

なんだよね。

 

飲み過ぎて体を壊したら

“心配”っていう感情が最初にあって

ついつい「もうダメ!」って言っちゃう。

 

そして、言われた夫は

「うるさいな~。まったく😣」って思うだけ。

 

また連絡もなく、

予定時間より遅く帰ってきた家族に対して

「何時だと思ってるの?!」って

つい口調がきつくなってしまう…。

 

そのイラッとする前の第一感情は

「何かあったのかな?」という

「心配・不安」なんですよね。

 

こんな風に

「怒り」という感情が出てくるその前に

実は、苦痛、寂しさ、弱さ、絶望、不安

ストレス、痛み、悲しみ、心配といった

第一感情があるんです。

 

この第一感情を ”探すこと” が

とっても重要です!

 

「どうして、私、怒れちゃうんだろう?」

「どうして、私、イラッとするんだろう?」

 

そして、その第一感情がわかったら

怒りの感情を表に出すんじゃなくて

この第一感情を伝えましょう。

 

そうすることで

気持ちがちゃんと相手に伝わります。

 

第一感情の伝え方

先ほどの例で言えば…

夫に「飲みたいのは分かるけど

今日はもう〇本飲んだよ。

これ以上飲んだら身体に悪いし

あなたのことがとっても心配だから

もうこれで終わりにしてね

 

こんな風に

かわいく言えればいいけど…ねぇ(・_・;)

 

これで、終わりになるかどうかは

分かりませんが

少なくとも自分は怒らないですみますよね。

 

相手も、「自分のこと心配してくれてるんだな」

と思って控えてくれるかもしれないです(;’∀’)

 

連絡もなく、予定の時間より遅く

帰ってきた家族に対して

「何かあったんじゃないかと思って

心配したよ」って言えば…

「あ~、連絡もせず

心配かけて申し訳なかったな」って

反省しますよね?

 

どうでしょう?

できそうですか?

 

これなら、言われた人も

イヤな感情わかないですよね。

 

目的は、自分の怒りの感情を

相手にぶつけることじゃないんです。

自分の欲しい結果を得ることを

目的にしましょう。

 

ここでの目的は

・ビールを飲むことを止めてもらうこと。

・予定の帰宅時間より遅くなるなら
事前に連絡をして欲しいこと。

ですもんね😉

 

イライラのもとは、価値観のちがい

自分の思い込み価値観って

自分では氣づきにくいですよね。

 

でも、自分がイラッとした時や

怒りを感じた時って

自分の思い通りにいかないから

イラっとしたり

怒りを感じるのではないでしょうか?

 

~べき(当たり前/期待) 

あの人がやるべきことなのに
⇒ やってくれないから
⇒ イラッ

 

そうするのが当たり前なのに
⇒ そうしてくれないから
⇒ イラッ

 

せっかちな人は

のんびりさんにイライラするし、

 

神経質な人は

だらしない人にイライラ。

 

はっきり意見を言う人は

ウジウジした人にイライラしてしまいます。

 

先ほどの例でいえば

「たくさん🍺飲むべきではない

という価値観の自分

⇒ 夫は飲むことを止めない。

⇒ イラッ とする。

 

「遅くなるなら、連絡すべき

という価値観の自分

⇒ 家族は連絡してこない。

⇒ イラッ とする。

 

結局

イライラするのは相手の問題ではなく

自分の問題なんです。

 

自分の思うように相手が

行動してくれないから

自分で勝手にイライラしているんです。

 

イラッとしたら

自分の偏った考え方に

氣づくチャンスってことですね!

 

相手をコントロールしたいのに

出来ないことにイライラしてる💦

 

違った視点から見てみる(もしかして…かもしれない)

自分の“思い込み”にとらわれていると

自分も苦しいんです。

 

例えば…

買い物に出かけ、お店の駐車場での話。

「あ、ここ停めよ」と思って

他の車が通り過ぎるのを待ってる時

前から別の車がスッと来て

自分が停めようと思ってた場所に

停めちゃうってことないですか?

 

そうゆう時って

イラッとするんだよね~( `ー´)ノ

 

「私が停めようとしてたの

見れば分かるでしょ?」みたいな。

 

そのままだと気分が悪いままだけど、

もしかして…かもしれない

って考えてみると

 

・その人は私の車が視界に入らないくらい

停める場所を探すことに

集中していたのかもしれない。

 

・私が停めようとしていることが

 分からなかったかもしれない。

 

 そんな風に考えられないこともないですよね?

 

もう一つの例

私の住む豊橋市は

以前「ビンカンボックス」っていうものが

公園など街のあちこちに置いてあって

いつでも、ビンやカンを

捨てることができました。

 

ある日 私がビンカンが入った袋を

そのままボックスに捨てたら

それを見ていた女性が

「袋から出して捨てなきゃ

いけないんだよ!」って

ちょっと強い口調で私に言ったんです。

 

私、袋のまま捨てちゃいけいないこと

知らなくて(^^;)

「あ、そうなんですね。すみません😰」って

袋から出して捨てたことがあります。

教えてもらえて有難いんだけど

なんかその時

「知っててやってるんじゃない?」

みたいなニュアンスが感じられ

ちょっと氣分悪かったんだよね。

 

「そんな風に言わなくたっていいのに」って

なんかスッキリしなかったけど、

もしかして…かもしれない

って考えてみると

その人は「知ってて当たり前」

という価値観で私を見ていたかもしれない。

だから、私を見てイラッとしたんだな。

私も人に注意する時は、氣をつけなくちゃ。

そんな風に考えることもできますよね?

 

どうでしょうか?

イラっとしたら、大きく深呼吸をして、

「もしかして…かもしれないな~」って

考えられることはないか、探してみて下さい。

 

視点を変えると、別のものが見えてきます。

必要以上にイライラしなくなりまよ。

【心のモヤモヤ】手っ取り早く解消する方法 も読んでね。

 

まとめ

「使えそうだな~」と思ったら

試してみて下さいね♪

 

  • 怒りは第二感情。怒りの前に第一感情がある。

  • 怒りの感情を相手にぶつけるのではなく、第一感情を相手に伝える。

  • イライラのもとは、価値観の違い。

(イラっとしたら、自分の「思い」「考え」を疑ってみる)

  • 自分の思い込みが自分を苦しめる。

(「もしかして…かもしれない」と、違う視点で考えてみよう)

【怒り・イライラする原因】”怒る”と決めたのはあなたです!

【許せない氣持ち】を手放すためのヒント