自分を責める必要なんてありません!

 

「~として、これではダメだ」

「こうあるべきなのに…できない」

「~の期待を裏切ってしまった」

 

こんな時

無意識に自分を責めて

苦しんでいませんか?

苦しい原因は…

私が〇〇してれば

〇〇さんを怒らせることはなかったのに…。

 

私のせいで

こんなことになってしまった…。

みたいな…。

 

苦しいですね(;´Д`)

 

でも…

この苦しくなってしまう原因って

 

あなたが

それをしたからでも

それをしなかったからでも

それが出来なかったからでもないんです。

 

その出来事に対して

自分の思考が「間違ったことをしている」と

思っているから…。

 

つまり

後ろ向きな感情を生み出すようなことに

自分が思いを巡らせているから

 苦しいのです。

 

言い換えると…

自分がやったこと

やれなかったこと

そのことで自分で自分を責めるから

氣分が悪いんです。

 

自分を責めても何も変わらない

後ろ向きな感情が出てくるのは

本当の自分と調和していないよって

教えてくれているサインです。

 

だからパワーがなくなるし

エネルギーがわかないのです。

 

ある程度反省はしても

自分を責める必要はないんです。

 

自分をいくら責めても

他人が許してくれるわけでもないし

 

自分を責めても

状況が良くなるわけでもないんです。

 

ただ自分が苦しいだけ(´;ω;`)ウッ…

 

しかも

あなたの負の波動が

周りに悪影響を及ぼしてしまいます。

 

本当の自分と調和する

どうすれば

本当の自分と調和できるのでしょう?

 

自分が何を「真実」と信じているから

氣分が悪いのか?

よ~く自分に聞いてみて下さい。

 

そして

あなたが少しでも

・ホッとできる

・氣持ちが前向きなれる

・ラクになれる

そんな思考を選択していきましょう(*^^*)

 

自分が自分を許し認める

・こんな自分も許して欲しい。

・こんな自分も認めて欲しい。

・相手の期待に応えるために

 自分の自由を奪われたくない。

 

そんな思いが出てきたら…

 

まずは、あなた自身が

そんな自分を許して認めてあげて下さい。

 

まとめ

 自分を責めて苦しくなるのは…

その出来事に対して

自分の思考が「間違ったことをしている」と

思っているから…。

 

 自分をいくら責めても

他人は許してくれない。

自分を責めても

状況が良くはならない。

 

「自分が何を”真実”と信じているから

氣分が悪いのか?」自分に聞く。

 

少しでも

・ホッとできる

・氣持ちが前向きなれる

・ラクになれる

思考を選択していく。

 

 あなた自身が

自分を許して認めてあげることが大切。