身体が思うように動かないたった1つの理由

「〇〇したい!」

「〇〇出来るようになりたい!」

 

それなのに…

 

なんだか身体がついてこない…(;´・ω・)

そんなことはありませんか?

 

2つの動機

この「〇〇したい」や

「〇〇出来るようになりたい!」には

2つの異なる動機があります。

 

1つは純粋に

あなた自身の喜びのために

 

「〇〇したい!」

「〇〇出来るようになりたい!」

というもの。

 

もう1つは

それが出来ないと困るからやりたい!

というもの。

 

それをしないと大変なことが起きるから

やれなければいけない

 

だから…

 

「〇〇したい!」

「〇〇出来るようになりたい!」

 

つまり、動機が

その望まない状況をなんとかしたいがため

なんですね。

本当は「したい」のではなく「避けたい」

だから、本当の本当は

「したい」「出来るようになりたい」

のではなく

 

それをしないことで望まない現実が

起きることを避けたいのです。

 

どちらが良・悪正・誤という

わけではありません。

 

ただ

その望まない状況をなんとかしたい

という動機で始めると…

ものすごいストレスになるんです(◞‸◟)

 

「やりたい!」じゃなくて

「やらなければいけない!」になり

しかも自分が望まない状況に

フォーカスしてしまうんですよね。

 

望まない状況や

避けたい状況にフォーカスしていると

自分は(意識上)は氣づいていなくても

無意識では分かっているので

 

心と身体からなんらかの

信号が送られてくるのです。

 

それが…

 

なんとなくやる氣が出ない。

なぜか身体が重くて動けない。

原因なんですね…(´・ω・`)

 

すべて繋がっている

脳や身体の臓器、器官は

自律神経を通して繋がっています。

 

意識的でも無意識にでも

あなたの中にある「不安」に対し

 

脳は情報処理をし

その信号を受け取った自律神経は

あなたを「不安から守るため」に

戦うモードになるんです。

 

身体にチカラが入ってしまい

肩こりや首コリが慢性化したり

便秘になったり…

不眠になったり…

 

そんなことはありませんか?

 

それでもがんばり屋さんは

がんばり続けるんだけど…。

 

その先にはなぜか

「喜び」はないんです…。

身体が言うことをきかない?

もし、あなたが「〇〇したいのに…

身体が言うことを聞いてくれない」

って、思っていたとしたら…

 

では

あなたは身体の言うことを聞いていますか?

 

身体は、あなたの本当氣持ち、本音を

表現してくれているのです。

 

ムチをうって

がんばり続けさせますか?

 

身体の声に耳を傾けてみませんか?

身体の声に耳を傾けてみませんか?

 

あなたとずっと一緒に

がんばってきてくれた身体です。

 

従わせるものではなく

大切な大切なあなた自身です。

 

心も身体も

喜んで進むことが出来る方法がないか

探してみませんか?

 

まとめ

「〇〇したい」の動機には2つある。

  • 純粋に自分自身の喜びのため
  • 望まない状況を避けるため

 

望まない状況を避けるための行動は

ストレスとなり心身に影響する。

 

なぜか苦しい時、上手くいかない時…

身体の声に耳を傾けてみてね!