【自分の性格を変えたい人へ】現実的で効果抜群な性格の変え方

「性格を変えたい!!」

そう思ったことありますか?

 

「もっと積極的になれたらいいのに…」

「いつも余分な一言いっちゃうんだよな~😰」

などなど…。

性格には

“変えられる性格”

“変えられない性格”があるんです。

 

性格とは…

『自分を知ればもっと楽に生きられる』 竹内成彦著の中で

性格を次のように定義しています。

 

「性格とは、先天的・後天的に身につけている、

自分の身を守るための防衛機制であり、

主に人間関係にその特徴が大きく表れる」

 

先天的に身についている性格が

生まれつき性格(気質)です。

 

自分の身を守るための防衛機能というのは、

人は社会の中で生き抜くため

問題やストレスを感じた時に、

自分を守るため(防衛)に働く機能

ということです。

 

例えば、

ストレスがかかった時、

その問題を解決しようとする人もいれば、

問題そのものから逃げることで、

ストレスを回避しようとする人もいますよね。

 

無意識的に発動する

思考・行動パターンみたいなものですね。

 

主に人間関係に

その特徴が大きく表れるというのは、

そもそも性格を変えたいと思うのは、

「人間関係に何らかの不都合が生じるから」

ではないでしょうか?

 

他者との関わりがあるからこそ、

性格というものが表れるのですね。

 

あなたが、たった一人で、

誰とも関わらず生きているとしたら、

自分の性格で悩むでしょうか?

 

きっと、悩まないですよね(・_・;)

 

自分の性格を知っていますか?

性格診断など、雑誌に載っていたりすると、

ついついやってみたくなりますよね?

 

「あ、これ当たってる!」

「え~?!そうかなぁ」

 

なんて、占いみたいに楽しいですよね。

 

自分の性格って、

分かっているようで分かっていないから、

「教えて欲しい」

「気づかせてほしい」

そんな願望が

潜在的にあるからではないでしょうか?

 

性格には、先天的に身についている性格

後天的に身についた性格があります。

 

ここで、

先天的に身についている性格のことを

“生まれつき性格(気質)”と言います。

 

この生まれつき性格は、

一生変わることはありません。

それなのに、自分に自覚がないことがほとんど!

当たり前すぎて気づかないんですね(;´∀`)

 

後天的に身に着いた性格には、

下記の3つがあります。

狭義の性格(育てられ性格) 

習慣性格(自分で維持している性格・日頃の言動)

役割性格(状況によって使い分けている性格)

 

もし、あなたが目立つことが好きな性格だったら、

人前でスポットライトを浴びながら熱唱することも、

「楽しい(^^♪」と思うかもしれませんが、

 

「目立つなんてとんでもない!」

って性格の人だったら、

そんな状況考えただけも、

頭痛がしませんか( ;∀;)?

 

こんな風に、同じ出来事でも

人によって「幸せ」って感じるかどうかというのは、

性格によって違うのです。

 

当たり前のこと言ってますね…ハイ(;^_^A

 

え~何が言いたいかというと、

 

自分の気質(生まれつき性格)の求めている理想と

かけ離れた理想が叶ったとしても、

あなたは満たされないってことです。

 

きっと気質というのは、

魂に近いからじゃないかな…

と思います。

 

自分の生まれつき性格を知ると、

「自分がどうなれば満たされるのか…」 

「どちらの方向へ進めばいいのか…」

そんなヒントが見つかりますよ!

 

性格を変えるってどうゆうこと?

生まれつき性格(気質/キャラ)は、

一生変わりません

 

でも、狭義の人格(育てられ性格)、

習慣性格(自分で維持している性格・日頃の言動)、

役割性格(状況によって使い分けている性格)

変えることができます

 

なので、まず

自分の気質(生まれつき性格)を

理解することが大切ですね。

 

そこを理解できないと、

結局どの方向へ向かえば自分が幸せになれるのか

分からなくて、迷子になってしまいます。

 

前項で、

「性格とは、先天的・後天的に身につけている、

自分の身を守るための防衛機制であり

主に人間関係にその特徴が大きく表れる」

とあるように、

 

性格を変えるとは、

よりよい人間関係を構築するように

(変わる)努力することなのです。

 

より良い人間関係を構築する(性格を変える)には

より良い人間関係を構築する

(性格を変える)とは、

人の顔色を伺って人に合わせて

生きていくことではありません。

 

まず、あなたが自分自身と

よい人間関係を構築しなければなりません

 

それは、

自分自身の気質を知り

それを愛することから始まります。

 

そして、

自分とも他人とも良好な人間関係を

構築できるよう習慣性格(日頃の言動)を

変える努力をすること。

 

そうすると、

自然と狭義の人格も変わっていき、

役割性格も変わっていきます

 

性格を変えるとは…

自分とも他人とも良好な人間関係を

構築できるよう、日頃の言動(習慣性格)を

変える努力をすること。

 

”楽しいから笑うんじゃない。

笑うから楽しくなるんだ”

っていうのと同じですね。

 

生まれつき性格を知ると自分が愛おしくなる?

変わらない気質(生まれつき性格)は、

変えることができないので、

いくら否定しても、

どうしようもありません(・_・;)

 

だったら、

ありのままを受け入れ、認め、

愛してあげる方がいいと思いませんか?

 

こちらの記事でも書きましたが、

私は自分の気質を知って、

自分自身が愛おしくなったんですよね~(#^^#)

 

自分でもホント不思議なんですけどね…。

「今までよくがんばってきたねぇ、わたし」

みたいな…。

 

誰でも、

自分の中に“もう一人の自分”が存在していて、

その”もう一人の自分“が、

自分を責めたり、ダメ出ししたり、

時には褒めたりすることってありますよね?

 

その“もう一人の自分”が、

やっと“自分”に氣づいてあげることができて、

癒された感じがしたんです😌

 

まとめ

 

キャラ(生まれつき性格)診断を受けてみたい方は

こちらからお申込み下さいね!

 

  • 性格とは、先天的・後天的に身につけている、
    自分の身を守るための防衛機制であり
    主に人間関係にその特徴が大きく表れる。
  • 性格には、
    ”変わる性格”と
    ”変わらない性格”(生まれつき性格)がある。

  • 性格を変えるとは、
    よりよい人間関係を構築するように
    (変わる)努力をすること。

  • よりよい人間関係を構築する
    (性格を変える)には…

    ①自分自身とよい人間関係を構築する
     =自分自身の気質を知りそれを愛する。

    ②そして、
     自分とも他人とも良好な人間関係を構築できるよう
     習慣性格(自分の言動)を変える努力をする。

    ③そうすると、
     狭義の人格も変わっていき、
     役割性格も変わっていく。

  自分の生まれつき性格が理解できると、
  自分のことが愛おしくなる(かも?)。

キャラ診断アドバイザー養成講座に

興味のある方はこちらから

参考図書:

『自分を知ればもっと楽に生きられる』竹内成彦著

 

下記の記事も読んでね♪

【生まれつき性格(キャラ)診断】より良い人間関係と幸せを手に入れよう

【愛されているのか不安?】愛のカタチは人それぞれなのです