【カラーセラピー】色彩と人間とのビックリするような関係

 

【色彩がなぜ私たちに影響するのか?】

こちらの記事を読んでね。

 

色彩と人間の関係って

とっても面白いんですよ(*^^*)

あなたの氣になる色は?

今、あなたが氣になる色は

あなたに共鳴する色なのです。

 

共鳴する色からのメッセージを

紐解くことで

顕在意識では氣づくことが出来なかった

”自分らしさ” や ”本当の氣持ち” が

沸々と現れてくるんですよ。

 

それを受け入れて

自分の可能性を活かす方向へ動くのか

 

「そんなことあるはずない!」と

否定して生きるかは

もちろん、あなた次第ですが…(^-^;

    

色の人とは?

「人」を表す英語の

「human」という言葉は

「hue-man」=「色の人」

を表す言葉でもあると言われています。

 

つまり、人は色のエネルギーで

出来ていることを意味しています。

 

「オーラが見える」というのも

こういうことなんでしょうね。

 

あなたの発する波動が「色」として

現れているんですね。

 

チャクラにも色がある

チャクラにも、それぞれの場所に

対応する色がありますよね?

 

チャクラとは、サンスクリット語で

「車輪、円」という意味を持ち

「回転する」というニュアンスも

含んでいます。

 

人間には、虹の7色に対応するように

基底部から頭頂部に至るまで

 

生命を司る、主に7つのエネルギーセンター

が存在すると考えられ

それをチャクラと呼びます。

 

すべての人がチャクラを持っていて

それぞれのチャクラが活性化し

 

すべてのチャクラのエネルギーが

上手くまわっていれば

心身ともに健全な状態なんだそうです。

色彩と五行説

古代中国に『五行説』がありますね。

森羅万象は

木・火・土・金・水の5つの要素=五行

から成り立つとする思想です。

 

五色(色)

五方(方角)

五時(季節)

五臓(内臓)

等々…

あらゆるものが五行に対応すると

考えられています。

 

例えば

木:青:肝臓:春

火:赤:心臓:夏

土:黄:脾臓:晩夏

金:白:肺:秋

水:黒:腎臓:冬

 

この考え方は、漢方の食事療法にも

取り入れられ

肝臓疾患には青もの

肺疾患には大根などの白い食べ物が

良いとされています。

 

食べ物の色を意識して

料理することが大切とも言われますよね。

 

類似した色彩の食べ物は

身体にとってやはり類似した効き目が

あるそうです。

(研究者S・G・J・オスレー)

 

血液を浄化し、精力を注入する
黄体の酸のバランスや胃腸の正常化を促す
神経を落ち着かせる
身体をリラックスさせ、若返らせる
神経系の働きを助ける

 

true colors 本当の自分

True Colors

シンディ・ローパーの歌にありますね。

フィル・コリンズバージョンも

いいですよね~。

 

年代が分かりますね…(笑)

 

 true colorsの意味は

本当の私、本音、本性、本来の姿

そんな意味になります。

 

その人の「色」=その人となり

みたいなイメージですね。

 

古代から続く色彩療法

色彩療法(カラーセラピー)の起源は

数千年も前の古代に遡ります。

 

古代エジプトやインド、ギリシャ

中国などでは

色が発するエネルギーを利用して

色彩療法を行っていたんだそうです。

 

胃が痛いという人に

黄色の塗料を身体に塗って

黄色い光の部屋に寝かせたり

 

頭痛がする人に、紫の布を巻いて

紫の光の部屋に寝かせたり…

といった方法のようです。

 

そう言えば、日本の時代劇では

病氣のお殿様は、紫色の鉢巻きを

頭に巻いていますね。

 

こんな大昔の人が

光=色彩の力を理解していたなんて

驚きですよね?!

 

光線療法

光線療法とは

疾患の種類や回復の状況によって

波長(色の種類)の違う光を

患部に当てて病氣を治す…というもの。

 

これは

デンマークのニールス・フィンセンが

光線療法による結核性皮膚病の治療業績で

1903年にノーベル賞を受けてから

広く知られるようになりました。

 

【光線療法の例】

新生児の黄だんに青い光を当てて

治療するのは、世界中で行われています。

 

太陽光の少ない北ヨーロッパでは

うつ病の治療の一環として

光線を当てる方法が用いられています。

 

まとめ

*今、あなたが氣になる色は
 あなたに共鳴する色

*人は色のエネルギーで出来ている

*人間にはチャクラがあり
 それぞれのチャクラに色がある

*色彩は、五行説でも語られている

*その人の「色」=その人となり

*色彩療法(カラーセラピー)の起源は
 数千年も前

*光線療法は今も行われている

 

【色彩が心身に影響する?】女性が知るべき白・ピンク・黒色の秘密

【色彩心理術】知っておくと便利な赤・黄・青・黒・グレーの効果

六芒星カラーセラピー

\ SNSでシェアしよう! /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください