【色彩心理術】知っておくと便利な赤・黄・青・黒・グレーの効果

色彩は、私たちの心身に影響しているんですね~(^^)

「ここぞっ!」という時に

この色彩の力を活用しましょう!!

 

【なりたい自分になる!】あなたの可能性を引き出そう!

【色彩が心身に影響する?】女性が知るべき白・ピンク・黒色の秘密

 

やる気を出したい時【赤】

情熱活力を感じさせる色と言えば、ですよね。

は、交感神経を刺激してアドレナリンを分泌させる効果があります。

なので、緊張する場には不向きということになります。

 

赤色の服を身に着ける、赤いアイテムを身に着けると、相手にもやる気が伝わります。

そのため、営業職の方は初めてのお客様には積極的に出るためにを使用し、

慣れてきたお客様には、ベージュや茶、黄色等を使用するのも1つの方法です。

 

どんな色にもマイナス面があります。

色の場合、 怒り・攻撃性といったイメージを与えてしまうので、

赤い服を着た時は、普段より怒りっぽくなる可能性がありますので、注意してくださいね。

 

心を開放させる色【黄】

黄色は、コミュニケーションカラーと言われています。

安心感・心を開放的にする効果があり、内気な人、なにかみやさんが着るといいです。

人間関係を円滑にする色なので、初対面の人と会う、黄色のアイテムを身に着けたり、

小物を持つと、相手の心を解きほぐし、開放的な気分になってもらいやすいです。

また、たくさんのともだちが出来る色なんです。

黄色を好んで身に着ける人は、自己アピールが強い傾向があるので、

自慢話を聞いてあげるといいようです。

 

論理的・実践的なシグナル【青】

青色左脳の色感情でなく知能のしるし

ブルーを着ると痩せて見える効果もあるんです。

のメッセージはいつも意識に働きかけ感情を落ち着かせてくれます。

 

青色のマイナス面は、あまり使い過ぎると心身に消極性を招くということ。

とくに、財務、会計、コンピュータ、秘書(細かな神経を要する人)にははよくありません。

は、余計な神経を使わせ疲れやすく消耗させてしまうからです。

 

その点、ネイビーブルー/紺色は良いですよ。

着る人も見る人も落ち着かせ仕事を効率よく運びエネルギーも維持できます。

 

堅実・地味でもヒーリングカラー【グレー】

グレー気分を和らげる効果があり、”謝罪”する時にいいです。

相手の怒りを鎮める効果と、穏やかな印象を与えることができます。

また、相手の警戒心を解きほぐす効果もあり、目立たず控え目な印象を与えます。

個性を抑えられるので、「相手の信頼を得たい時」「上品さをアピールしたい時」にいいですね。

 

グレーを好んで身に着ける人は、温厚・用心深い・控え目で、

自分にあまり自信がない社交性にかける人に嫌われることを恐れる

警戒心が強くコミュニケーション力は高くないという傾向があります。

そのような相手には、柔らかな物腰で接しましょう。

 

自信と威厳【黒】

黒色は、強さ・権威・高級感・自信といったイメージを与えます。

神秘性・プロ意識を感じさせます。

また、「ミステリアスに見せたい」「プロと思わせたい」時に効果的

 

を好んで身に着ける人は、孤独を好む・独立心が強い・完璧主義な傾向があります。

反骨精神があり、周囲の意見に迎合しません

近寄りがたく、自己愛が強いナルシストである場合も…。

 

また「誰かに愛されたい。認められたい」という願望が人一倍強い傾向があるようです。

なので、「私は、あなたのよき理解者ですよ」ということをアピールするといい関係が築けます。

 

オフィスで使える色

仲間と同調しながら仕事をするには⇒ ベージュ、ブラウン系、ブルー系

上司の信頼を得る色⇒ ベージュ系、チャコールグレー系、濃いブルー系

最もリラックスできる色⇒ ベージュ(肌の色に近いため、筋肉の緊張度が低い)
             次にブルー、グリーン

 

紺色は、なぜか頭が良さそうに見えるそうです😉

しかも、控え目な印象を与え会社の面接や上司の評価は絶対に紺色が優勢

そういえば、リクルートスーツって紺色が多いですね。

 

その他、知性の象徴である青色を利用して、海や空の写真をオフィスに飾るとか

感性を引き出す緑色を活用し、観葉植物等を置くのもいいですね~😊

ライト・トーナス値光の加減や色彩によって、体の筋肉が緊張・弛緩する現象を、
脳波や汗の分泌量から客観的に示した数値)が低いので、リラックスすることができます。

そんなこと知らなくても、自然と私たちはを欲しますよね。

オフィスにがあると、癒されますもんね😉

 

まとめ

服だけじゃなく、身に着ける小物等でも試してみてねっ!!

赤色

・赤い服⇒相手にやる氣をアピールできる。

・赤い服を着た人⇒刺激しないようにする。

黄色

・初対面の相手⇒スムーズな関係を構築

・裏情報を聞き出したい時⇒(黄色の効果で)開放的な氣持ちにさせる。

青色

・意識に働きかけ、感情を落ち着かせてくれる。

・あまり使い過ぎると心身に消極性を招く。

ネイビーブルー/紺色
⇒着る人も見る人も落ち着かせ、仕事を効率よく運び、エネルギーも維持。

グレー

・相手の氣持ちを和らげ、怒りを鎮める。

・グレーを好む人(の対応)⇒警戒心が強いため、デリケートに対応。

黒色

・強く見せたい、神秘性を高めたい時に。

・黒を好む人(の対応)⇒よき理解者であることをアピールすると良い。

オフィスで使える色

ブラウン系、ベージュ系

ブルー系、濃いブルー系

チャコールグレー系

グリーン          

【なりたい自分になる!】あなたの可能性を引き出そう!

【色彩が心身に影響する?】女性が知るべき白・ピンク・黒色の秘密

\ SNSでシェアしよう! /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください