【自由になりたい?】自分の思い込みに氣づいていますか?

「くさりに繋がれた象」の話を

知っていますか?

これはスペインの絵本。

絵本と言っても

大人も考えさせられる内容なんですよ。

鎖に繋がれた象

小さな頃からずっと鎖に繋がれていた

サーカスの象がいました。

 

その像は成長し

鎖を壊す力があるにもかかわらず

大きくなっても、逃げようとしなかったのです。

 

そして

ずっと小さな杭に繋がれたままでした。

 

なぜなら

「逃げても無駄」と思い込んでいて

「もう自由にはなれない」

自分で決めつけてしまっていたから(´;ω;`)ウゥゥ

 

力はあるのに

試すことさえしようとしない…

というお話です。

 

あなたの目に見えない鎖は何?

私たちにも、目には見えないけれど

この鎖のようなものが存在している

ような氣がしませんか?

 

何かに縛られて、無意識のうちに

「…に決まっている」って

自分の可能性を試そうともしない。

 

自分にどんな可能性があるのかも

分からない。

なぜなら挑戦したことがないから…。

 

「どうせ出来ない」って

思い込んでいるから。

 

その「思い込み」は真実ですか?

でも

それって真実なのでしょうか?

 

そして

何を根拠にそう思い込んで

いるんでしょう?

 

試してみなければ、分からないのにね。

 

私たちの潜在意識の中には

こんな思い込みがいっぱいなんです。

 

鎖を壊す2つの方法

あなたにとっての「鎖」は

何だと思いますか?

 

自分ではなかなか

氣づきにくいですよね…(;・∀・)

 

この鎖を壊すには…

 

あなたが本当にやってみたいこと…

あなたが本当は興味のあること…

 

でも今まで「出来ない」「怖い」って

思っていたもの…

 

それをとにかく「やってみる」こと

 

もう1つは

今までの自分だったら選ばないような

選択をあえてしてみること。

 

どちらとも

「怖い!」が、キーワード

です!!

 

まとめ

●鎖につながれた像は

「出来ない」と思い込んでいて

鎖を壊す力があっても逃げようとしない。

 

●私たちの潜在意識の中にも

制限がいっぱい。

 

●鎖を壊すには

「怖いこと」をあえてしてみる。

【決める】ことは、他の選択肢を捨てること