【許せない氣持ち】を手放すためのヒント

「許すこと」が出来れば、きっと心が軽くなると思う。

 

そんなことは、分かっているんだから、さっさと許せばいいのに…。

でも、許せないんだよね…😭

 

何でいつまでも許せないんだろうね。

私も長い間、とても苦しんだのでよ~く分かります。

 

「許せない!!」と思う自分が苦しい

相手は、私のことなんて氣にもせず、平和に過ごしているのに…。

そう思うと、なおさらバカらしい😱

頭では分かっていても、許すって難しいよね~。

 

もはや相手の問題じゃなくて、自分の感情の問題なのです。

 

「相手が間違ってる。私は間違っていない」

「自分の非を認めて償って欲しい」

「(相手が)罰を受けるべき!」

それなのに…

「なんで、私が苦しまなきゃいけいないの?」

 

って、ホント思うもんね。 

 

自分の心の奥を覗いてみよう

その許せない思い…。

どうして許せないんだろう?

 

深く深く自分の心の奥を覗いてみて。

   ・

   ・

   ・

突き詰めていくと…

 

「私を大切にしてくれなかった」

…ではないでしょうか?

 

・(私の)気持ちを無視された

・(私が)、ないがしろにされた

・(私のこと)愛してくれなかった

・意地悪をされた

・ヒドイことを言われた

・嫌がらせをされた

・理不尽なことをされた

 

これって、

「大切にして欲しかったのにしてもらえなかった」という

怒り・悲しみ・憎しみ・恨み なんですよね。

それが、あなたを苦しめているのではないでしょうか?

 

「許すこと」は、相手の行為を認めることじゃないよ

許すって、相手のしたことを「いいよ、いいよ」って

受け入れるってことじゃないんです。

 

1)「許す」とは、自分をその苦しみから解放してあげること。

 

「大切にされなかった」という苦しみ・悲しみ…。

 

(私は)大切にされたかったのに、大切にしてもれなかったんだね。

(私は)愛されたかったのに、愛してもらえなかったんだね。

 

そうか、そうか…。

 

傷ついたよね。

悲しいよね。

辛かったね。

よく耐えたね。

よくがんばったね。

 

そうやって、自分のその苦しみを受け止めて、癒してあげてみて。

自分で自分を抱きしめてあげよ。

 

そして、思いっきり泣こう。

 

2)許せばいいのに、許せない自分への怒り・もどかしさに対する苦しみからの解放

許せない自分を許せない…。

「許せない」ことを、「いけないこと」と思っているかも?

許せないなんて、心が狭いとか、人としてダメなんじゃないとか?

 

許せないと思っている自分を否定しないで、受け入れてみませんか?

・許せない自分だけど、それなりにがんばってる。

・許せない自分だけど、いつか許せる時が来るかもしれない。

・許せない自分だけど、それが自分。受け入れていこう。

・許せない自分だけど、しょうがないや。

 

そう、どんな時も自分が自分を批判しないことが大前提。

こちらも読んでね。

 

許せない自分でもいいんです。

 

その経験があったから…

その出来事があったことで、あなたが学んだことはありますか?

 

その経験があったからこそ…

 

・人の氣持ちがよく分かるようになった。

・人には、優しく接しようと思った。

・独立心が芽生えた。

・「負けないぞ~」って、がんばれた。

・謙虚になれた。

・小さな幸せにも感謝できるようになった。

 

どうですか?

 

相手のことは、許せないかもしれないけど、

その出来事があったおかげで、人として成長したことはありませんか?

 

 

世の中に、無駄な経験なんて1つもないんですよね。

(私は、そう思っています。)

 

その出来事は、あなたの成長のために起きたことかも?

もし、そう思えたら、…

 

しょうがない。 許してやるか”(-“”-)”

 

そんな風に自然と思える時が来るかもしれないです。

相手のことは嫌いなままでもいいんじゃないかな~。

無理に好きにならなくたって。

 

嫌いだけど…

あなたのおかげで、成長できたから…

ありがとう。

なんて言えたら、最高だよね。

 

まとめ

●許せないと思う自分が苦しい。

「許す」とは、相手の問題じゃなくて、自分の感情の問題

 

苦しみの原因は、

「大切にして欲しかったのにしてもらえなかった」という怒り・悲しみ・憎しみ・恨み

 

「許すこと」は、相手の行為を認めることではない

1「許すこと」は、自分をその苦しみから解放してあげること

2 許せない自分への怒り・もどかしさに対する苦しみからの解放

 

人生に無駄な経験なんて、1つもないのです。

その「許せない」経験が感謝に変わったら最高ですね(*^^*)