【嫌い・苦手な人がいる!】氣持ちがラクになる目からウロコの考え方

「この人、苦手だな~」

なんて思うことありますよね。

 

わざわざ“合わない”人と

積極的に関わらなくても

いいと思いますが…

 

職場の上司や同僚

義理の関係だったり…。

 

どうしても

関わらないといけない人だったら…?

 

そんな時

氣持ちがラクになる考え方

対処方法をご紹介しますね。

自分の感情を否定しない

「あの人とは波長が合わないな~」

「なんとなく嫌い。苦手(._.)」

 

動物的というか

生理的というのでしょうか…(;´∀`)

そうゆう感覚ありますよね?!

 

その”思い”を否定する必要は

ないんですよ。

むしろ、否定してはいけないんです。

 

否定したり、打ち消そうとするから

余計に苦しくなるんです。

 

まずは「苦手なんだよね」って

思っている自分の氣持ちを

感じてあげて下さい。

 

そして

少し自分の感情を客観的に

観察してみて下さい。

 

「あ~、私この人のこと

苦手って感じてるんだな~」

 

「私、この人と

波長が合わないって感じてるわ~」

 

「ハッキリ言って

私、この人嫌いだわ~」

 

みたいな感じ。

受けとめてあげましょう。

 

湧いてくる感情を抑えつけず

ちゃんと感じてあげると

なぜか心が落ち着きます。

 

氣持ちを切り替える

相手はただ自分を素直に表現しているだけ。

相手のその言葉や態度に反応して

氣分を害しているのはあなた…。

 

しかも、今

その人が目の前にいるわけじゃないのに…。

 

「あんなこと言われた」

「こんなこと言われた」と

ムカムカしているのも…  あなた

 

相手は今頃、美味しいコーヒーでも

飲んでいるかもしれないのに…(;^_^A

 

そう考えてみると

なんだかバカらしくなりますね(◞‸◟)

 

湧いてきた不快な感情を

受け止めたら

出来るだけ早く氣持ちを切り替えて

自分の氣分が良くなることを考えましょう。

 

何をすると

あなたはゴキゲンになれますか?

 

相手の価値観を否定しない

あなたが「これが正しい」「それは間違い」

と、思っている基準が

かならずしも他の人と同じではない

また、あなたの価値観が

絶対的に正しいとも限らないわけです。

 

いろんな角度の意見、価値観があります。

 

大切なのは

相手の価値観を否定しないこと。

 

相手に対して、否定的態度で接すれば

敵対してしまいます。

 

でも、あなたが

「なぜ、そういう事を言うのかな?」

「なぜ、そういう態度をとるのかな?」

 

こんな風に

相手を理解しようと接すれば

相手は心を開いてくれるでしょう。

 

自分の価値観で善悪の判断をせず

相手の価値観を理解しようとする

姿勢も大切です。

 

いつでも、誰からでも学ぶことはできます。

 

反面教師とか…ねっ(;´∀`)

 

“こうあるべき”と、決めつけないで

あなた自身が柔軟になれば

人間関係が円滑になりますよ。

 

苦手な人との向き合い方

“自分が望む結果を引き出すために

自分は何ができるか?”

 

 このことを意識して

相手と向き合ってみて下さい。

 

そのためには

相手の思考傾向・性格を

観察して理解することが大切です。

 

例えば…

苦手な上司A:自分で何でも決めたい。

人の意見はあまり聞かないタイプの場合

最初から「この企画が一番いいと思います」

と報告するのではなく

いろんな案を提示する。

 

そして、それぞれの

プラス面、マイナス面をまとめて報告し

「あとは、判断お願いします」と

自分がやれることをやってあとは任せる。

 

苦手な上司B:優柔不断で

  周りの意見に振り回されるタイプの場合

「~いう理由から

私はこの企画が一番いいと思っています」と

はっきり伝える。

 

…ような感じです。

 

また、押してもダメなら引いてみる

(方法を変えてみる)ことも

必要かもしれません。

 

その関係で

あなたが望む結果を引き出すために

自分は何ができるか?

 

常にそこを意識して接してみて下さい。

 

そうすると

自分のフォーカスする点が

”嫌いな相手“の嫌な部分ではなく

“自分の欲しい結果”になり

氣持ちがラクになりますよ(^▽^)

どう感じるかは自分次第

相手のことを考えると

イヤな氣持ちになるから

自分がイヤな氣持ちになるのは

「相手のせいだ!」って思う?

 

相手が違う態度をとってくれたら

私は氣分がいいのに…。

 

こう考えると

あなたの氣分は相手次第で

あなたにどう感じさせるかを決める力は

相手にあるように思えます。

 

でも本当は

自分がどう感じるかは

自分でコントロールできるのです。

 

なぜなら…

人の心を左右するのは

出来事ではなく、受け取り方だから。

 

現実に振り回されない自分になる方法

 

相手のいいところを見つける

どんなに苦手な人でも

どんなに嫌いな人でも…

「この人のいいところって何だろう…」

と、観察してみて下さい。

 

そして

「いいな」と思うところがあったら

そこを褒めてあげてみて下さい。

 

不思議なんだけど

自分の中にある心のバリアが

解ける感覚を味わいます。

 

何度もやっているうちに

「あれ?なんか…

そんなに氣にならなくなってきたかも?」

みたいになります。

 

でも…

これを「やろう!」って

決意が難しいのよね。

 

だって

「嫌いな人のいいところを

探すなんてイヤ!」

って、普通思いますから…💦

 

どうしてもイヤ!イヤ!イヤ!な場合

ただ、努力してみたけど

“どうにも受け入れがたい”

“どうにも理解しがたい” 場合

あまり無理すると

あなたの心が病んでしまいます。

 

「私の心が狭いから…」

「嫌ってしまう私が悪いんじゃないか…」

なんて思わなくていいんです。

 

そうではなくて

「この人と私は

住んでいる次元が違う」

と、思いましょう。

 

次元が違うから

考え方や価値観が違って当たり前。

 

住んでる星が違うから

言葉も通じない(・_・;

 

氣持ちを切り替え

何を言われても

軽く受け流しましょう。

 

いつまでも考えていると

余計に負のスパイラルに

巻き込まれてしまいます。

 

自分が望まないことじゃなく

自分が望むことを考える時間を

増やしましょう。

 

【心のモヤモヤ】てっとり早く・スッキリ解消する簡単な方法

 

氣にすべきは自分の幸せ

人間って

自分がすっごく満たされて幸せだと

嫌いな人のことが氣にならなくなります。

 

って、ことは…

 

「あ~、やだな~」なんて悩んでるより

自分が、めっちゃ幸せになれば

どうでもよくなっちゃうんです。

 

考えてみると

自分が氣分いい時に何か言われても

それほど氣にならない事が

イライラしてる時に言われると

怒れちゃうってことあるよね???

 

それと同じことなんですね~(o^―^o)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

何か一つでもピンとくるものがあったら

ぜひ実践してみて下さいねっ(^_-)-☆

 

●苦手な人・嫌いな人がいてもOK。

●「苦手だな」「嫌だな」という氣持ちを
  無理に抑え込まず感じてあげる。

●関わらなくていい相手なら
関わらないようにする。

●氣持ちを切り替えて
いい氣分になることをする。

●相手の価値観を否定しないで
理解しようと試みる。

 (自分の価値観がいつも正しいとは限らない)

●“自分が望む結果を引き出すために、
  自分はなにができるか?” 
 を意識して相手と向きあう。

●どう感じるかは自分次第。

●相手のいい所を探して、褒める。

どうしても、出来なければ
「相手とは住む次元が違う」と考えよう。
(何を言われても軽く受け流す)

 

★自分が満たされ、幸せになることが一番の解決策!!

【人間関係に悩む】無理に続けなくていい時もある!

嫌い・苦手な人が現れる時に考えたい5つのこと

 

\ SNSでシェアしよう! /


無料メールマガジン

 

         本当の自分を知って 本当に望む人生を見つけませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください