【やりたいことがない!】本当にやりたいことを見つけるための6つのヒント

「好きなことをしたい」

そう思っているのに…

 

「何が好きなことなのか

よく分からない」

 

そんなことはありませんか?

まずはゆっくり休む

当たり前なんですが…

疲労やストレスが溜まった状態では

感じるセンサー(感度)が落ちている状態なので

何も感じられません。

 

もし、今自分がそんな状態だったとしたら

とにかくのんびり休息しましょう。

 

エネルギーを回復させることが先決です。

仕事や未来に結びつけない

もし、お金の心配もなく

他人の目も氣にしないでよくて

 

やること全て、周りから応援されて

ぜったい成功するって分かっている

としたら…

 

やってみたいことってなんでしょう?

 

その行為と「仕事」や「未来」に

結び付けないで考えることがポイントです!

 

他人がしているのを見て心がザワッとするもの

他人がしていることで

あ、いいな~

そんな想いが湧いてくることはないですか?

 

例えば…

お友だちが、自分で作ったワンピースを

着ているのを見てステキだな~。いいな~。

 

ただそんな反応で終わるだけじゃなく

 

なんか、ちょっと心がザワッとするのを感じたら

自分もやってみたい!って思っている可能性が高いですよ♪

本質を見つける

あなたが今、よく読む本やテレビ、youtube等…。

よ~く観察してみて下さい。

 

その作品のどんなところに

あなたは惹かれるのでしょう?

 

例えば…

ドキュメンタリーが好きでよく見ている

としたら…。

 

そのドキュメンタリーのどんな部分に

あなたが反応しているのかを考えてみましょう。

 

・困難を乗り越えて成功した話を知るのが面白い。

・実話だから面白い。

・どのように困難を乗り越えたのかを知りたい。

 

このように深堀してみると

実社会の中で、困難があったにもかかわらず

どのように理想を現実化させていったのかを知ること。

 

そこに自分の興味・関心があることが分かります。

 

と、いう事は…

 

自分の中にある「理想」を

現実化させていくことに、本当は興味があるのかもしれません。

 

でも、自分に自信がないから

最初から諦めていて

挑戦しようとも思っていない…とか?

 

子供の頃の夢

あなたは子供の頃

どんな夢を持っていましたか?

 

誰でも、「〇〇になりたかった!!」

ってものが、1つくらいはありますよね?

 

ピアノの先生、花屋さん

バレリーナとか?

 

今も、少なからず

その頃の夢に興味ないですか?

 

もし、今でも興味があるなら

模擬体験してみるといいですよ!

 

例えば

ピアノの先生になりたかったなら…

・ピアノを弾いてみる。

・ピアノを習いに行く。

・ピアノコンサートに行ってみる。

 

花屋さんになりたかったなら…

・花を育ててみる。

・フラワーアレンジメントを習いに行く。

・植物園に行く。

 

バレリーナになりたかったなら…

・バレエを観に行く。

・体験レッスンに行ってみる。

・ダンスをやってみる。

 

「そうそう!

私、これが好きだったんだ!って

忘れていたワクワクする感情を

思い出すきっかけになりますよ!

 

何か思い浮かぶものありませんか?

 

損得、お金、時間に関係なくやってみたいことは?

「やりたいことなんてない」

って思っている人の多くは

いろんな制限を感じている場合が多いです。

 

「〇〇が好きだけど

これじゃ生活できないし」みたいな。

私もずっとそんな感じでした。

 

「もし、一生困らないだけお金も

時間もあったら何がしたいですか?」

 

これ、結構難しい質問ですよね。

 

でも、一度心の整理をしてみると

いいと思います。

 

損得じゃなく、お金に関係なく

あなたが本当にやってみたいと思うこと。

 

「どうせ無理!」

「今の私には出来ない!」

 

って、思わないようにして下さいね。

まずは、制限を外して考えてみましょう。

 

何か出てきますか?

何か浮かんだら、メモメモ(*^^)!!

ただ楽しむために…

私は、なが~いこと

こんな風に考えていました。

 

「〇〇しても、何のためにもならない」

「こんなことやっても、お金稼げないし…」

「自分のステップアップにならない」

「仕事に役立たない」

 

そうやって、ただ

「自分の楽しみのために」

「自分の喜びのために」

って、やってこなかったんです…。

 

やり始めたら

最後までやり遂げなければいけない

とか

やるからには、何か結果を出さなければ

意味がない…みたいな。

 

そう考えると

ドンドン選択肢が無くなってくるんです。

 

結果や成果のことは、ちょっと置いといて

ただ純粋に

これをしていることが楽しい!

 

って、感じることはないですか?

 

やってみて「違う」と感じたら

止めればいいだけなんです。

 

それじゃなかったってことが

分かったってことだから…。

 

やりたいことリスト(Bucket List)を作ってみよう!

Bucket Listとは

“死ぬまでにやりたいことリスト”

のこと。

 

「〇〇してみたいな~」と

漠然と思っているより

書き出してみることをオススメします!

 

どんな小さなことでもいいので

「やってみたいな」って

ちょっとでも思ったことをリストアップしてみましょう。

 

出来れば、100個!!

 

叶うとか、叶わないとか関係なく

今の自分にできるとか

できないとかも関係なく!

 

数年前、私、100個リストアップしました。

人生の100のリスト (講談社+α文庫) [ ロバート・ハリス ]

有名ですね。

 

書いたリスト読み返してみたら

おもしろかったですよ!

 

達成したものや現在進行形のものが

結構あるんだよ~。

 

追加していってもいいし

時の経過と共に変化していくものだから

書き直してもいいし…。

 

リスト作るの楽しいですよ~(#^.^#)

すっごい小さなコトでOKなんです。

 

例えば

・ツイッターをやる

・立ち食いソバを食べる

・自家製パンを作る

・ハウステンボスに行く

 

とかね…😉

氣楽にやってみるといいですよ。

 

それは、本当に自分がやりたいことかな?

・なんか得しそう(儲かりそう)
・みんながやっている
・流行っている
・他人からの評価が上がりそう

これらが基準になると

結局 “本当にやりたいこと” でもないし

全然満たされないんだよね…。

 

本当にやりたいことを見つけるのって

自分のことなのに難しい(;^_^A

 

やってみて「あ、これ違う💦」って

分かることもあるしね。

やってみないと分からないんだよね~。

 

まとめ

「やりたいことがない」って

悩むってことは

それだけ真剣に生きているってことだと思います。

 

やりたいことがなくても

別に悩まない人もいるし

 

やりたいことを

探そうともしない人もいるし…。

 

何かピンとくるものがあったら

やってみてね。

 

①仕事や未来に結び付けない

②他人がしているのをみて
心がザワっとするもの

③好きなものの本質をみつける

④子供の頃の夢

⑤何の制限もなかったら
やってみたいこと

⑥やれたら楽しそうと思うこと

 

Bucket List(やりたいことリスト)

を作ってみよう。

 

リストを作るだけでも楽しいけど

書くことによって

意識するようになるため

脳のRAS/網様体賦活系
(脳が重要だと認識したものだけを通すフィルター)

が働くようになりますよ!

(RASについてはこちらの記事も読んでみてね。)