【自分の本当の氣持ちが分からない!】こんな言葉を使っていませんか?

「自分の本当の氣持ちが分からない」

そんな人は…

もしかすると、この言葉を

無意識に使っているかもしれません。

あなたが本当にしたいこと

あなたが本当にしたいことって何でしょう?

 

もし、何の制限もなかったとしたら…

あなたが本当にしたいことって何でしょう?

 

お金、時間、才能、環境等

全て揃っていたとしたら…

 

アレもコレも出てくる人もいれば

「う~ん」って考えてしまう人も

いると思います。

 

特に、いつも他人を優先して

本当の自分の氣持ちを抑えこんでいる人は

なかなか出てこないかもしれませんね。

 

何の制限もなかったら楽しく想像できるのに

「そうは言っても…現実はねぇ(-_-;)」

って、思ってしまいますよね?

あなたの本音に蓋をする言葉

本音が出てくるのと同時に

「でも…」

「だけど…」

…が自然に出てきてしまう。

 

それって

せっかく望みがでたのに

出たと同時に否定しているってこと。

 

「でも…」

「だけど…」

って、言葉が出てくると

何も出来なくなると思いませんか?

 

「でも…」「だけど…」

その理由を、考えれば考えるほど

あなたの本当の氣持ち(本音)に

蓋をしてしまうのです。

 

これを続けていると

自分が何を感じているのかも

分からなくなってきたり…

 

本音が聞こえなくなってしまいます(◞‸◟)

思考の土台になっているのは…

「でも…」

「だけど…」

について考える時

何が土台になっているかと言えば

過去のデータ

現在の状況

他人の目

ではないでしょうか?

 

例えば…

「〇〇したい! でも…」

 

「やったことがないから不安」

過去のデータ

 

「お金がない」「時間がない」

現在の状況

 

「他人に何て思われるかな」

他人の目

 

そして、結局

諦めてしまうんですよね…。

 

過去にそうだったから

今度もそうなるとは限らないし

 

そもそも…

「今の現状」って

「今」はそうだけど

これからいくらでも変わっていく

可能性があります。

 

なぜなら

宇宙全てのものは変化・成長しているから…

 

あなたが何を選択するかで

状況は変わるのです。

 

あなたが本当に経験したいことは?

あなたがあなたとして

この人生を生きることができるのは

この1回限りです。

 

「でも…」「だけど…」

って言いそうになったら

 

おっと! 待った!

 

深呼吸して…

本当のあなたの声を

聞いてみましょう。

 

そして

本当の自分と繋がりましょう。

小さな勇氣があなたを変えます

大きなことじゃなくていいんです。

 

日々の生活の中で

この自分の本音に

まず氣づいてあげましょう。

 

そして氣づいた時

その本音にすぐ蓋をしないで

ちゃんと感じてあげましょう。

 

「でも…」「だけど…」と

言う言葉は使わない!!

 

そして

出来る限り、その願いを叶えて

あげる行動をしましょう。

 

例えば、会議中だけど

トイレに行きたくなってしまった。

 

恥ずかしくて言いにくいけど…

「すみません。ちょっと…」と

トイレに行く。

 

「寒い」と感じたら

我慢しないで暖房を入れる。

 

そんな小さな本当の自分の願いを

1つ1つ叶えるための行動を起こす

…という練習です。

 

結果的に叶わなかったとしても

いいんですよ。

 

最大限、出来る限りのことを

した上での結果だから。

 

結果は氣にしないようにしましょう。

 

これを続けていくと

本当の自分との関係が

どんどん良くなっていきますよ!

 

まとめ

「でも…」「だけど…」が

出てきたら、一息つきましょう。

それ以上考えないで。

 

あなたの本当の氣持ちに氣づいて

そして

その氣持ちを大切にしてあげてね♪

 

自分を大切にしていますか?自分自身をチェックしてみよう!

本当の望みを知るための3つのポイント

 

 

\ SNSでシェアしよう! /


無料メールマガジン

 

         本当の自分を知って 本当に望む人生を見つけませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください