【いい人が陥りやすい罠】いい人は本当の自分を見失ってしまう?!

あなたは、周りの人に

「いい人ですね」とか

「優しい人ですね」等と

言われることが多いですか?

 

そんな人はちょっと注意が必要です(^-^;

他人の評価

「いい人ですね」とか

「優しい人ですね」と言われたら

悪い氣はしませんよね?

 

嬉しい評価ではあります。

 

でも

これは単なる相手の価値観なんです。

 

相手の評価をあまり氣にし過ぎると

“相手に合わせて自分を演じる”ように

なってしまうことがあるんです。

 

そこが落とし穴なのです。

期待に応えようとしてしまう

相手の中にある自分のイメージを

壊してしまうのが怖い。

 

期待に応えなければいけない。

 

そんな意識になってしまい

本当の自分を表現することが

出来なくなってしまうのです。

 

一番わかりやすいのは、

自分が好意を抱いている人から

「○○な人ですね」と言われた時。

 

自分が好意を持っているが故に

相手に「もっと好かれたい」という

思いが出ませんか?

 

そうすると

相手の望む“〇〇な人”に

無意識に自分を合わせようと

してしまうことがあります。

 

自分軸と他人軸

この時、あなたの中心にいるのは

本当のあなたではなく

他人(好意を抱いている人)です。

 

そのため

その人の視点に合わせて

〇〇な人を演じてしまうように

なってしまうのです。

 

そのような関係は、たとえ続いたとしても

あなたの心は苦しいはず(´;ω;`)ウッ…

 

なんとなく違和感がある…

そんな状態なのです。

 

「いい子」を演じていませんでしたか?

子供の頃、「いい子」だった場合

この罠にはまりやすいんです。

 

「いい子」でいれば褒められる。

「いい子」でいれば周りに認めてもらえる。

「いい子」でいれば親の機嫌がいい。

 

だから…

いい子でいようとする。

 

中心に“自分”はいませんね。

 

いつも誰かの目・評価が氣になる。

誰かに評価されることで

自分の価値を感じようとする。

 

そんなクセがついてしまっている

可能性があります。

 

本当の自分を見失ってしまう

他人を自分の中心に置いていると

自分自身のことも分からなくなり

本当の自分らしさや

自分の価値さえも見失ってしまいます。

 

本当の自分を出したら

嫌われるんじゃないか…

 

本当の自分を出したら

受け入れられないんじゃないか…

 

苦しいですよね…(´;ω;`)ウゥゥ

 

なぜなら…

 

あなたの本心は

本当の自分を表現したいのに

それをしないから苦しいのです。

 

まとめ

【いい人が陥りやすい罠】

●相手の評価を氣にし過ぎて
“相手に合わせて自分を演じる”ように
なってしまうことがある。

●相手の望む“〇〇な人”に
無意識に自分を合わせようと
してしまうことがある。

●誰かに評価されることで
自分の価値を感じようとする。

●他人を自分の中心に置いていると
自分自身のことも分からなくなり
本当の自分らしさや
自分の価値さえも見失ってしまう。

 

あなたの本心は
本当の自分を表現したいと
思っているのですよ!

\ SNSでシェアしよう! /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください