【どうして現実が変わらないのか?】 本当に「変わる」とは?

色々学んで現実を変えようと

努力しているんだけど…

「なんか人生(現実)変わらないなぁ」

そんなことを感じることはありませんか?

現実に反応しているから

それは…

「なんで現実が変わらないの?」って

現実に反応しているから…

変わらない可能性があります(^^;)

 

つまり

目の前の現実に対して

「こんなのヤダ」

「なんでこんな事起きるの!」

「もうダメだ」

 

こんな風にただ「反応」しているから

何も変わらないんですね(._.)

 

現実から生じる感情を基準にしていると

「現実」は変わらないのです。

 

望むことに意識を向ける

「こんなのヤダ」

「なんでこんな事起きるの!」

「もうダメだ」

 

こんな風に感じることは

悪いことでもないですし

そう感じるのがある意味自然ですよね。

 

だって人間だから。

 

その感情をちゃんと感じた上で

「じゃ~、私は何がいいの?」って

望むことに意識を向けることが大切なのです。

 

外側の現実を変えても…

いろいろ学んで

新しい事を始めてみたり

断捨離したり

 

そうすると…

 

付き合う人が変わったり

生活が変わったり

職場が変わったり

 

実際に外側の現実は変化してきますよね。

 

でも、なぜかまた

「なんか違う”(-“”-)”」

みたいな氣がして

 

「今度はこうしてみよう」って

外側の何かをまた変えようとしますよね。

 

そして、また同じことが繰り返される(^^;)

そんな経験ありませんか?

 

私たちが本当に欲しいものは…

そもそも…

私たちが本当に欲しいモノって

何でしょう?

 

お金?

ステキなパートナー?

ステキな家?

いい仕事?

 

もちろん

どれも無いより有った方が

快適ですし、それを求めることだって

全然OKだと思います。

 

では

私たちって

何のためにそれらを求めるのでしょう?

 

そうなったら

「幸せ~♪」

「氣分がいい~♪」

からですよね?

 

幸せを感じる

豊かさを感じる

そうすると

氣分がいいんですよね。

 

私たちが本当に望んでいるのは

いつでも、どんな時でも

「あ~、氣分いいな~♪」

 

こんな風に

ただ感情的に満足することなんです。

 

だから…

 

お金

ステキなパートナー

ステキな家

いい仕事

 

これらは全て手段なんですよね。

 

だから、それらが整ったからといって

100%感情的に満足できるかどうかは

分かりません。

 

あなたが本当に欲しいものは…

外側の条件や、環境、物質ではなくて

 

今、この瞬間

「あ~、幸せ♪」

「あ~、氣分いいな~♪」

って【感じることだ】ということを

想い出しましょう。

 

本当に変わるとは

あなたが本当に「変わる」というのは

外側の現実がどうであれ

例え現実は何も変わっていなくても…

あなた自身の感じ方が変わることなのです。

 

それは…

 

外側の世界で何が起きていようと

「私はこう在りたい」という

自分でいるということ。

 

実践するのは簡単ではないですよね…(;´・ω・)

でも、これがメッチャ大事なんです。

 

大事というより、これがゴールなんです。

 

とにかく、今、この瞬間

自分の氣分や感情が少しでも良くなれば

成功なのですよ。

 

まとめ

●なかなか現実が変化しないのは

起きる現実にただ反応しているから

 

●外側の現実を変えても…

100%満足できるかどうかは分からない。

 

●私たちが本当に欲しいものは…

「あ~、氣分がいいな~」という

感情的な満足。

 

●本当に変わるとは

外側の現実がどうであれ

あなた自身の感じ方が変わること