本当の自分を生きるために大切なこと

あなたは

本当の自分を生きていると

実感していますか?

 

本当の自分を生きるとは…

本当の自分を生きるとは

魂の思いと調和した

しっくりくる人生を生きることです。

 

あなたが、本当の自分と繋がって

本音の思い・大切にしたいものを

あなた自身が知っていれば

進むべき道は自然に分かります。

 

それは

あなたが、自分にとって心地よい

しっくりくる選択ができるということです。

分かっているのに選べない理由

でも

その選択は頭で考えているものと

異なることが多いんです。

 

心(ハート)と頭(思考)が

違うことを言っているんですね。

 

だから

 

あなたの心が

どこかザワザワしてしまう。

 

あなたの身体がギューッと固くなって

縮こまってしまうのです。

本当はどうしたいの?

そんな時は…

「本当はどうしたいの?」

自分自身に聞いてみましょう。

 

損得じゃなく

世間体でもなく

なんの制限もなかったら

 

本当は…

本当は…

本当は…

 

どうしたいの?

 

本当の自分で生きれば

あなたが大切にしたい思いに

沿った生き方が選択できます。

 

いつも心地よく

自分自身でいることができるのです。

 

私が私自身を生きること

私が私自身を生きるって

単純なことのようで

実はとても深いんです。

 

本当の自分を生きるって

勇氣のいることだから。

 

でも、これ以上自分に偽って

生きていけないのではないですか?

 

苦しい

辛い

違和感がある

 

違いますか?

 

自分の感覚を大切にしましょう

まずは

出来ることから始めましょう。

 

自分の中に違和感はないかどうか

自分の感覚を大切にして下さい。

 

あなたが

本当のあなたと調和していれば

心地よく、穏やかな氣持ちになるはずです。

 

そのためにも

あなたが、自分にとって

心地よい、しっくりくる選択を

勇氣をもってしていって下さい。

 

まずは、自分が

本当の自分と調和することです。

 

それから、本当の意味で

他者との調和ができるようになります。

まとめ

本当の自分を生きるとは

魂の思いと調和した、しっくりくる人生を

生きること。

 

そしてそれは

自分にとって心地よい、しっくりくる選択が

できるということ。

 

でも

心(ハート)と頭(思考)が

違うことを言うため選択に苦しんでしまう。

 

そんな時は

「本当はどうしたいの?」

自分自身に聞いてみる。

 

そして

自分の感覚を大切にして

その感覚を信頼していきましょう。