臨場感をともった想像と行動でなりたい自分になる!!

なりたい自分とは…

理想の自分(*^^)
 

あなたは

理想の自分になるために、何をしていますか?

 

なりたい自分を具体的にイメージしよう

あなたは、どんな自分になりたいですか?

 

「変わりたい!」という氣持ちはあるんだけど、

具体的なイメージがわかない人もいるかもしれません。

 

「〇〇さんみたいに、キレイになりたい!」

「いつか自分のお店を持ちたい!」

「自分の能力を活かした仕事で生活できたらなぁ」

 

どれも、なんとなく漠然としたイメージですよね。

 

〇〇さんのようにキレイになりたいとは、

〇〇さんのどこをキレイ(美しい)と思うのでしょう?

 

所作、お化粧、ヘアスタイル、センス、話し方…。

 

具体的にどこをどう自分に取り入れたいのでしょう?

「いつか」ではなく「いつ」と、具体的にイメージしてみましょう。

「できたらなぁ」ではなく「~するんだ」と、強く言い切りましょう。

 

そうすると、よりはっきりイメージ出来てきます。

 

大切なのは、はっきりとした具体的なイメージを描き、

「きっと上手くいく」と、素直に信じることです。

 

そして、繰り返しイメージすること。

 

ここで大切なのは、

出来る限りの臨場感をもってイメージすること!

 

臨場感を持つことが大切な理由

私たちは本を読んだり、映画を観たりしてハラハラドキドキ♥したり、

反対に、悲しくなって泣いたりしますよね。

 

その(実際には存在しない)本や映画の世界に引き込まれてしまう…。

あたかも、その世界に身を置いているかのごとく…。

 

これは、私たちが、”臨場感”をもって”その世界”を捉えているからなんです。

 

臨場感って、まるでそこに(自分が)いるかのように

五感(触覚・味覚・聴覚・嗅覚・視覚)で感じる感覚です。

 

上のレモンの写真を見て

「酸っぱそ~(>_<)」

「なんか、シュワシュワして爽やかな感じ~」なんて

唾液が出てくる人は、五感が発達してると思いますよ!!

 

私たちは、こういった架空の世界(想像の世界・空間)にも

臨場感を感じることができるんですね。

 

コーチングの祖ルー・タイス

Image(イメージ) × Vividness(臨場感) = Reality(現実

I×V=R

という公式がありますね。

 

臨場感を強く伴ったイメージが、

その人にとって現実となる

というものです。

 

臨場感をもったイメージ(空想の世界/小説や映画等)が、

現実世界(物質世界)の私に涙を流させたり、

心臓をドキドキさせたりしてしまうのです。

 

ただイメージするのではなく、

五感の感覚を伴ったイメージをすることがポイントです。

 

臨場感をともなった”なりたい自分”のイメージを、脳が現実と思ったら…

Image(イメージ)×Vividness(臨場感)=Reality(現実)

 

脳が(なりたい自分・未来)のイメージを、

目の前の現実(今の自分・日常)より、

より臨場感をともなった「現実」と認識したら、どうなると思いますか?

 

脳はイメージの世界(なりたい自分)が

“本当のあなた” ”当たり前のあなた“ と認識しますよね。

 

そうすると、

脳は(なりたい自分)とかけ離れた ”今の自分” に違和感を覚えます。

 

イメージした “なりたい自分” が当たり前なのに、

”今の自分“ は違うぞ…って。

 

なんか居心地悪いなぁって思うのです。

 

つまり、脳はイメージの世界(なりたい自分)を

“あなたにとって心地よい世界(コンフォートゾーン)”と

認識するようになるということなんです。

 

コンフォートゾーンとは「安全領域」とか「快適領域」のこと。

私たちがストレスや恐れ、不安を感じることなく、安心して過ごせる環境のことです。      

 

潜在意識は、このコンフォートゾーンから出るようなことがあると、

自動的にホメオスタシス(恒常性維持機能)=現状維持メカニズムが働いて、

コンフォートゾーンの中に引き戻そうとするんでしたよね。

 

コンフォートゾーンから抜け出すにはこれだけ!一歩ずつ確実に成長していく方法

 

ホメオスタシスとは…

生命を維持するために、環境が変化しても体の状態を一定に維持しようとする機能

例)暑くなったら、自分の意思とは無関係に汗が出て、体温を下げようとする等          

 

ってことは…

 

 “そのイメージの世界のあなたでいよう”と、

ホメオスタシスが働くようになるってこと!

 

そうなれば…

自然とゴールを達成するための

思考や行動をとり始めるようになる

…というわけです。

 

ここで注意したい大切なことは

その”なりたい自分”になるために

思いついたことがあったら、行動すること! 

です。

 

当たり前ですが、ただイメージしているだけで

行動しなければ、何も変わりません😥

今、始める!

「こうなりたい!」と思うことが、なんとな~くあっても

ちゃんと自分と向き合って考えなかったり、

「どうせ無理”(-“”-)”」って最初から諦めていたり…。

 

この機会に、もう一度考えてみませんか?

 

「今」やらなければ、きっと一生やらないですよ!

 

いつか…

は、永遠にやってきません。

 

毎日、テレビをボンヤリ観て過ごしている人と、

今から行動を起こした人の未来は、違うのが当たり前ですよね!

 

何歳からでも、チャレンジはできます。

 

まずは、

臨場感をもって “なりたい自分” をイメージすることから、

はじめてみてはどうでしょう?

 

まとめ

【なりたい自分になるために】

  • なりたい自分を具体的にイメージする。

    漠然としたものではなく、具体的なものにする。

  • 臨場感をもってイメージする。
  • 思いついたことを行動に移す。

  • 今から始める!