【ストレスフリーな私になって生きる方法】すぐに出来る11のこと

ストレスを完全に無くすことは難しいけど、

ちょっとでもラクに生きられるような方法を

ご紹介しますね(*^^*)

自分の思考パターン(考え方の癖)を知って改善する

 
例えば…
出かけようとした時、車がパンクしていたら…
 
 
①「こんな時にパンクなんて…。仕事に遅れちゃうよ。今日は一日ついてないな」
  と否定的に捉える人
 
②「こんなこともあるさ。しょうがない」と、特に気にも留めない人。
 
③「こりゃ~朝ゆっくりできるぞ。修理の時間にコーヒーでも飲んで一服してから出勤しよう」と、
  楽天的(肯定的)に捉える人。

 
あなたは、どんな思考パターンを持っているでしょうか?
 
どう考えた方が、ストレスが少ないか?
 
 
もし、どちらかというと、物事を否定的に捉えてしまう場合は
 
意識して考え方の癖を変えてみましょう(^^)/
 
 
今までマイナスに解釈していたことをプラスに捉え、
 
口に出したり(書いたり)していると、脳に回路ができて
 
最初からプラスに解釈できるようになるんです!
 
 
 
何度も日常的に訓練する・繰り返すことで習慣になります。

 

自分とは違う考え方・モノの捉え方をする人がいることを知る

“いい・悪い”とか、“正しい・間違い”ではなく、

いろんな考え方・モノの捉え方をする人が世の中には実在するってことです。

そう思うと、ちょっと氣持ちがラクになりませんか?

 

同じ状況にいても、

ストレスを感じてない(感じてなさそうな)人っていますよね?!

その人の真似をしてみるのはどうでしょう?

 

「~しなければならないことなんて無い!」 と自分に言いきかす

責任感が強い人は、特に自分で自分を追いつめてしまいますよね。

私、まさにこのタイプ!!

 

いつも ”~しなければならない” って思っていました。
そして、”やらない”という選択肢が無かったんだよね~(‘_’)

でも

「~しなきゃ」の代わりに

「~した方がいいけど、できない時もある」

って声に出して言ってみて!!

気持ちがすっごいラクになります!!

 

「まぁ、いいかっ!」を口癖に!

完璧主義の人は、妥協することが許せないかもしれないけど、

「ほどほど」「よい加減」=「いい加減」を心掛けてみましょう。

私も、完璧主義的な自分に気がついた時は

あえて、それ以上やらないようにしています。

 

「ま、いっかっ!!」

って、大きな声で言うと、

不思議と「ま、いいやっ!その時が来たら考えよっと」って思えるようになります。

 

 

話を聴いてくれる人を持つ

素の自分を出せる友人・家族とのお喋りは

何事にも代えがたい癒し効果がありますよね。

特に女性は、話せばスッキリする人多いですよね?!

 

ストレスそのものが、無くならなくてもいいんです。

話すことでスッキリすることが目的です。

 

 

自分なりのストレス解消法(気分転換法)を持つ

自分が何をすると癒されるのか。

何をしている時に ”楽しい(^^♪” と感じるのか。

自分自身のことを知っておくことが大切です。

どうにもならない事だったら、せめて楽しめる時間をもって

早めに気分転換しましょう!

 

この氣分転換ができるようなら、大丈夫です!

 

日常に瞑想を取り入れる

私は疲れた時、イライラした時、

すっごい怒れた時などには、瞑想しています。

 

疲れもとれるし、心が落ち着くし、

いつでもどこでも実施できて めっちゃ おすすめです♪

 

考えても仕方のないことは考えない

「あんな事言っちゃったけど…。どんな風に思われたかな~?」

いくら考えても答えは出ません。

あれこれ自分で想像して疲れるだけです。

参考: 人生を好転させる秘訣はこれ!! この質問で人生が変わる!

 

「そんなこと言われても、考えちゃうんです!」

って思うかもしれないけど、

「考えても仕方のないことは、考えない!」

と、決めればいいんですよ!

 

苦手な人に会うことを(出来る限り)避ける

会社・組織の一員ともなれば、嫌いな上司や同僚・後輩もいるでしょう。
避けられないこともあるでしょう。

わかりますよ~!

 

そんな中でも、

ほんの少しでも、接点をもたないように工夫できることはありませんか?

 

人を介して報告するとか、違う人に話を伝えるとか…。

会って話さなくても、メモを机に置いておくとか…。

ちょっとしたことだけど、

その小さな1つ1つのストレスが、積もり積もっていくんです。

 

普段から自分の健康状態に氣を配る

慢性的なストレスにより、氣が付いたら日常生活に支障が…  

なんてことにもなりかねません。

本当におかしくなると、

自分で自分が「おかしい」と思わなくなってしまいますからね。

 

「な~んか、最近イライラするな」

「な~んか、ここんとこ 疲れが溜まってるな」

 

そう感じたら 早めに休息 をとりましょうね。

 

嫌いなこと・苦手なことはしない

そんな…

「イヤなことや苦手なことでも、するのが大人でしょ?」

「仕事だから、いくら嫌でもやるしかないんです!!」

 

そうだよね。

わかりますよ。

その通り。

でもね…

時には”やらない”選択肢もあるってことを覚えておいて欲しいのです。

心が病むくらいなら、やらない方がいい。

 

以前かかわった、ある女性の話です。

彼女は人と接することが苦手だったので、それを克服するためにヘルパーになり、
人(お年寄り)と関わることができるようになったんだそうです。

それで、彼女の娘さん(当時19歳位だったと思います)も人と接することが苦手なので、
克服させるために「(娘さんに)介護の経験をさせたい」と、相談に来られました。

娘さん、ボランティアで介護をやってみたのですが…
お母さんの思い描くような結果はでなかったのです。

 

苦手なことを克服しようとする姿勢は、素晴らしいと思います。

でも、苦手なことを克服するために貴重な人生の時間を割くよりも、

好きなこと・得意なことを活かして社会に貢献する方が

ご本人にとっても、よりストレスが少なく生きられるのでは???

っと、思ったのです。

もちろん、人それぞれですが…。

どちらが、ストレスフリーに生きられるか?

人生エンジョイできるかな?

 

まとめ

自分で作った”こうあるべき“というルールに縛られて心身の健康を害すより

自分を苦しめているルールを、すこ~し緩めてみませんか?

 

  1.  自分の思考パターン(考え方の癖)を知って改善する。
  2.  自分とは違う考え方・モノの捉え方をする人がいることを知る。
  3. 「~しなければならないことなんてない!」と自分に言いきかす。
  4. 「まぁ、いいか!」を口癖に!
  5.  話を聴いてくれる人を持つ。
  6.  自分なりのストレス解消法(気分転換方法)を持つ。
  7. 日常に瞑想を取り入れる。
  8.  考えても仕方のないことは考えない。
  9.  苦手な人に会うことを(出来る限り)避ける。
  10.  普段から自分の健康状態に気を配る。
  11.  嫌いなこと・苦手なことはしない。

 

心と身体の健康を優先して下さいね♪

あなたに合った呼吸法を見つけてストレスを軽減する方法

【簡単ストレスチェック】忙しい人ほど、自分の不調に氣づきにくい!