【言いたいことが言えない人必読!】これで言いたいことが伝わる!

「言いたいことが言えない」

多かれ少なかれ、そのような経験はあると思います。

でも、それがあまりにも度を過ぎてしまうと、生きづらく、苦しく
ツライ人生になってしまいますよね(._.)。

ここで紹介する解決策が、少しでもあなたの助けになるといいな~(^▽^)

 

 

言いにくいことを伝える具体的な方法

例えば、

友だちや同僚に、相手のために伝えた方がいいと思うことがあっても言えない。

そんな時は…

 

・伝えることによって、相手にどうなって欲しいのか「ゴール」を思い描く。

・そのゴールは、本当に相手のためになるかのかを考える。

そこで、相手のためになるのなら伝えた方がベターですが、その伝え方に工夫は必要です。

相手に伝わりやすい言葉を使って伝えましょうね。

1. 事実を話す。

「〇〇という事実があるけど…」

2. 自分の思うことを話す。

「私は、こうゆう風に感じたんだけど…」

3. 提案をする。

 「私は、こうしたらいいと思うんだよね。あなたはどう思う?」 

例えば…

わたし
さっきのお客さんの対応だけど、何度も聞き返されてたよね?(事実) もう少しゆっくり丁寧に話してあげたらいいんじゃないかと思うんだけど、どう思う(自分の思う事+提案)? 

みたいな…。

これは、すべてのことに使えますよ😃

何か言いにくいことを伝える時には、この方程式を使ってみてね!

 

言った後のことは、相手の受け取り方の問題

あなたが上記の方法で相手に伝えた後は、

言われた相手が、それをどう受けとるのか?だけです。

あなたには、どうしようもないこと。

コントロールできません。

その人に任せましょう。

 

言いたいことを言えるようにする練習方法

上の画像のように、「えいっ!や~ぁぁぁぁぁ!!」

ってトライしてみてね(^_-)-☆

どんな小さなことでも「YES」「NO」をはっきり言えるようにトライ!

 

小さなことから始めてみましょう!

まずは、自分の心にちゃんと聞いて「NO」と感じたら

「NO」と言う練習をしていきましょうね。

 

どんな小さなことでも、1日1回でも自分の主張をしてみる。

 

これも、難しいかもしれないけど、小さなことから始めましょう。

「どっちでもいい」という言葉は使わないようにしてみてもいいですね。

「私は〇〇がいい!」

「私は〇〇したい!」

 

どんな小さなことでも、自分の本心の願いを叶えてあげる練習をする。

 

「自分の本心は?」って意識していると、自分の願いが分かるようになってきます。

何も無理にしなくて大丈夫。

できる範囲で、出来ることからトライしましょう。

「眠い」と思ったら、寝る。

「アイスクリームが食べたい!」と思ったら、食べる。

そんな感じからでOKです。

 

「どう思われたいか?」ではなく、
「自分はどうしたいのか?」を常に自分に問うようにしてみる。

 

人のうわさも七十五日

本当にそうですよね~😲

良くも悪くも…。
そんなもんなんです。

だから、そんなに氣にすることないんですよね。

「どう思われるだろう?」って、考えてしまったら

「私はどうしたい?」って、自分にきいてみて!

上の3つの練習をやっていくうちに

「私はこうしたい!」って、段々言えるようになっていくよ!

 

まとめ

出来るところから、少しずつ…

実践してみてね。

バンジージャンプ!!

◆相手のために伝えた方がいい事を伝えるには…

・伝えることによって、相手にどうなって欲しいのか「ゴール」を思い描く。

・そのゴールは、本当に相手のためになるのか考える。

・(YESなら)相手に伝わりやすい言葉を使って伝える。

1. 事実を話す。

 「〇〇という事実があるけど…」

2. 自分の思うことを話す

 「私は、こうゆう風に感じたんだけど…」

3. 提案をする

 「私は、こうしたらいいと思うんだよね。あなたはどう思う?」

◆どんな小さなことでも「YES」「NO」をはっきり言えるようにトライ!

◆どんな小さなことでも、1日1回でも自分の主張をしてみる。

◆どんな小さなことでも、自分の本心の願いを叶えてあげる練習をする。

◆「どう思われたいか?」ではなく、
 「自分はどうしたいのか?」を常に自分に問うようにしてみる。

ちょっとずつ実践していくと、

だんだん心が自由になっていくのを実感しますよ!

練習です!