他人を批判したくなったら思い出して!

なんであの人はいつも

あんな態度を取るんだ!

 

なんであの人は

そういう言い方するんだ!

等々…

 

他人の言動に対して批判したくなることって

ありますよね(;^_^A

 

そんな時は、きまって氣分が悪い(>_<)

 

もっと氣分良くいられるような考え方を

ご紹介しますね♪

私の視点

私たちは、5感を通じて

この世界を認識していますよね。

 

目で見るもの

耳で聞くもの

匂い、味、感触…

 

それらすべては

「私」という個人の5感を通して

認識しているもの。

 

全て“私”の視点

なんです。

 

言い換えれば

 

「私を通した現実」しか

認識出来ないんです。

 

私の視点でしか観察出来ないし

私の視点でしか認識出来ないのです。

 

ということは…

 

他人と違って当たり前ですよね?

 

同じものを見ても、視点が違えば

違う観察・認識をするのも当たり前。

 

そう思ったら

 

他人が

私と違う意見であることも

私と違う価値観であることも

受け入れやすくないですか?

 

全く同じはずがないのですから…。

 

それぞれが「正解」

でも、私たちはよく

他人の言動に反応してしまいますね(;´・ω・)?

 

なんで〇〇さんは、あ~なんだ?

 

みたいな…(*_*)

 

私の視点から見たら

「こうあるべき」なのに…ヽ(`Д´)ノプンプン

 

でも、私の視点の正解と

〇〇さんの視点の正解が

「一緒ではない」だけなんですよね…。

 

だったら

違うことを嘆くよりも

違うことを楽しんだ方が

氣分が良くないでしょうか?

 

「そういう考え方もあるんだな」

(私には分からないけど(;´∀`))

って。

私の視点には私しか立てない

誰も私の視点に立つことは出来ません。

だから

この唯一無二の存在である私の視点を

私が大切にしなければ

他の誰も私の代わりをすることは

できないのです。

 

私はこう思う。

(あなたとは違うかもしれないけど…)

 

私はこう感じる。

(あなたとは違うかもしれないけど…)

 

私は私。

 

私の視点を大切にすることは

私にしか出来ないこと。

 

私を生きられるのは私だけ!

 

その人の視点に立てるのはその人だけ

それって他の人にとっても

全く同じなのです。

 

〇〇さんの視点には

他の誰も立てません。

 

唯一無二である〇〇さんだけのもの。

 

〇〇さんの視点を大切にすることは

〇〇さんにしか出来ないのです。

 

〇〇さんはそう思うんです。

(あなたとは違うかもしれないけど…)

 

〇〇さんはそう感じるんです。

(あなたとは違うかもしれないけど…)

 

そう考えると

〇〇さんのことも

大目にみることが出来ませんか(^^)?

 

まとめ

何かピンとくるものがあったら
取り入れてみて下さいね♪

 

●私の視点も相手の視点も唯一無二。

 

●お互いの視点は違って当たり前。

 

●違いを嘆くより違いを楽しもう。

 

●私が私の視点を大切にするように

 私は相手の視点も大切にしよう。

 

【そのままの自分を認めること】と

【そのままの相手を認めること】って

同じことかもしれませんね(^^)

\ SNSでシェアしよう! /


無料メールマガジン

 

         本当の自分を知って 本当に望む人生を見つけませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください