夢を叶えることが本当の幸せじゃない?!その理由

夢…いっぱいありますよね~💛

大きな夢からささやかな夢まで…。

それを1つでも「叶えよう!」って、がんばるんだよね。

例えば、

「〇〇校に入りたい!」

「〇〇の資格をとりたい」と思って勉強するし、

「いい会社に入りたい」

「起業したい」

「年収を増やしたい」って、がんばる人も多いと思います。

 

目標をもってがんばれるって、すばらしいことなんです。

でも…

〇〇を手に入れても

〇〇になっても

いつまでたっても本当の幸せを感じることはできないのです。

ドーパミンの役割

目指していた目標や夢が叶うと、めっちゃうれしいし、喜びを感じますよね😊

自然と笑顔になるし、テンション上がるし、何でも許せちゃう氣分!!

「もぉ~幸せ~(⋈◍>◡<◍)。✧♡」

 

って、思うよね。

 

この時、何が起きているかというと、

私たちの脳では、ドーパミンが どば~っと出て、

脳が「快楽」を感じているんです。

ドーパミンとは神経伝達物質で、運動調節、ホルモン調節、

快の感情、意欲、学習などに関係するものです。

 

目標を達成した時や、欲しいものを手に入れた時、

ドーパミンが出るようになってるんですね~。

 

ドーパミンって、生きる意欲や向上心に結びついていて、

「うれしい」「楽しい」といった感情や、

「がんばろう」「やってみよう」っていうやる氣を生み出します。

 

ドーパミンが分泌されると、前向きに考えることができるし、

喜びや快感を感じられるから、やる氣ホルモンと呼ばれます。

 

ドーパミン、ありがと~(*’ω’*)

って思うよね~。

 

何かを得ることで感じる幸せの限界

でも、この快楽って、

どんなに大きくても、どんなにウキウキしてもずーっとは続かないんです。

だから、1つの快楽がさめると、

脳は新たにもっと大きな快楽を求めるようになるんですね。

 

なんとなく感覚的にわかりますよね?

慣れちゃうっていうのかな?

当たり前になっちゃう😌

 

そして、

「〇〇になれば、もっと幸せになるんじゃないか」

「〇〇を手に入れたら、もっと幸せを感じるんじゃないか」って、

次から次へと願望がでてくるんだよね。

 

「もっと!もっと!」って。

 

ドーパミンから得られる快楽って、上限がないんです。

これは、決して悪いことじゃないんですけどね…。

そうやって、どんどん目標を高めて、成長していけるから。

 

依存症のお話

この求める報酬や快楽が、得られなくなった時ちょっと厄介なのです。

脳は一度経験した快感を記憶し、再びその快感を得ようと、

「その経験を繰りかえしたい」と思います。

 

でも、もらえるはずたった報酬がもらえない、

得られるはずの快楽が得られない時、脳はストレスを感じてしまいます。

 

「相手の評価がおかしいんじゃないか」

なんて不満を感じたり…。

 

そして、なんとしてでも手に入れようとしてしまうため、

病的な状態に陥ってしまうこともあるのです。

 

過食やアルコール依存症とか、ギャンブル依存症って、

ドーパミンが暴走しちゃった状態なんです。

出典:依存症についてもっと知りたい方へ|厚労省

脳の仕組みを知りましょう。

なぜ自分の意志ではやめられない状態になってしまうのか。
その鍵は脳にあります。
まずは脳の仕組みについて、依存対象物質の一つであるアルコールの摂取を例にして学びましょう。
私たちが物事を考えたり感じたりできるのは、脳の中で神経細胞がさまざまな情報伝達を行っているからです。
しかし、アルコールが体内に入ると、脳に侵入し、情報伝達の働きに影響を与えます。

アルコールだけでなく、薬物でも同様ですが、これらの物質を摂取すると、私たちの脳内ではドパミンという快楽物質が分泌されます。
この快楽物質が脳内に放出されると、中枢神経が興奮し、それが快感・よろこびにつながります。この感覚を、脳が報酬(ごほうび)というふうに認識すると、その報酬(ごほうび)を求める回路が脳内にできあがります。
アルコールを例にしましたが、ギャンブル等で味わうスリルや興奮といった行動でも、同じように脳の中で報酬を求める回路が働いているのではないかと言われています。

エスカレートするのは脳の仕業が影響している可能性があります。

脳内に報酬を求める回路ができあがり、アルコールや薬物を体に取り込む行動が習慣化されると、快楽物質が強制的に分泌されることが繰り返されます。
そうすると、次第に喜びを感じる中枢神経の機能が低下していきます。
快感・よろこびが感じにくくなるにつれ、以前のような強い快感や喜びを得ようと、ますますアルコールや薬物の量や頻度が増えていきます。
すると、ますます快感・よろこびは感じにくくなり、焦燥感や不安、物足りなさばかりが増していく…という悪循環に陥っていきます。

いったんこのような状態に陥ると、ほどほどにできなくなったり、ほどほどが続かなくなったりしてしまい、
もはや自分の意志でコントロールすることは非常に困難になります。
脳が報酬(ごほうび)を求めてエスカレートしているため、本人がやめたいと思ってもどうにもならないのです。
意志の弱さや性格の問題でもなく、もちろん最初から依存しようと思ってなるものではなく、脳の仕業なのです。
条件さえそろえば誰でも依存症になる可能性があり、特別な人だけがなるわけではないのはこのような理由からなのです。

 

依存症とまでいかなくても、“もっと、もっと”って欲しくなる気持ち…

わかるよね(・_・;)

本当の幸せは、ドーパミン的快楽や喜びでは得られない

目標をもって生きることは大切なこと。

 

「〇〇があれば幸せ」

「〇〇になれば幸せ」

「〇〇が手に入れば幸せ」

 

願望が達せられることで幸せになれると思ってたけど…。

だからこそ、がんばってきたんだけど…。

 

でも、結局、何かを得ること、目標を達成することだけでは、

私たちは、本当の意味で満たされないんです。

 

ドーパミン的な快楽・喜びは一時的で、刺激的。

そして、「もっと、もっと」と欲しくなる。

 

望んだ報酬が得られなければ、ストレスを感じ

快感・報酬を得るためにもっとがんばる。

 

でも、上限がないんですよ。

目標を揚げて、がんばって報酬を得るという、

ドーパミン的「快楽」を追求する幸せ(ドーパミン的価値観に基づいた幸せ)は、

永遠には続かないのです。

 

まとめ

私、今までドーパミン的価値観で生きてたな~って思うんです。

決して悪いものではないんですよ。

でも、本当の幸せには繋がらないんだよね(・_・;)

だから、私、ずっと「なんか違う」って感じてたんだな~。

  • ドーパミンは、神経伝達物質で、運動調節、ホルモン調節、
     快の感情、意欲、学習などに関係する。

  • ドーパミン的価値観は、報酬・快楽を追求する。

  • ドーパミンが分泌されると、前向きに考えることができ、
    喜びや快感を感じられる=「やる氣ホルモン」

  • ドーパミンば分泌されることから得られる快楽に上限はない。

    =どんどん目標を高めて、成長することができる。

  • 脳は、この求める報酬や快楽が得られなくなった時、ストレスを感じる。

  • ドーパミンが暴走すると、依存症に発展。

【参考図書】
脳ストレスが消える生き方【電子書籍】[ 有田秀穂 ]