【一番簡単で一番効果のある理想の呼吸】とその方法

私たち、生まれてからずっと呼吸しているはずなのに、

「良い呼吸」って言われても

よく分からないですよね(;^ω^)?

意識しすぎて、かえって息苦しくなっちゃったり!

一番簡単で、一番効果のある理想的な呼吸法をご紹介しますね。

 

理想的な呼吸とは?

こちらの記事でも書きましたが、

良い呼吸=赤ちゃんの呼吸です。

赤ちゃんの呼吸を見てみましょう。

◆腹式呼吸
大人である私たちの多くは、無意識的に胸式呼吸
なってますよね?

でも、赤ちゃんって、意識していないんだけど、
腹式呼吸をしているんですよね~。

私たちも、寝ている時は腹式呼吸になってるんですよ。

◆鼻呼吸
本来、動物は鼻呼吸をしています。
でも、人間は言葉を使うようになってから、
口で呼吸することが増えました。

すっごく緊張してる時、知らず知らずのうちに口呼吸になって、
喉がカラカラになったりしませんか?

赤ちゃんは、自然と鼻呼吸なんです。
ミルクを飲んでいる時の赤ちゃんの呼吸を見るとわかりますよね? 
すごい鼻息荒いですもんね。

◆よく息を吐く
赤ちゃんって、大きな声で泣きながら、たくさん息を吐いています。
発声練習も、まず息を吐くことからですよね。
息を吐き出せば、自然に吸い込む動作につながるのです。

良い呼吸(理想の呼吸)の基本

・腹式呼吸
・鼻呼吸
・吐くこと優先

 

なぜ腹式呼吸がいいの?

ほとんどの哺乳類は、自然と腹式呼吸をしています。

人間は、2足歩行することで横隔膜が重力に引っ張られ

腹式呼吸をしにくくなり、胸を広げてより多く酸素を吸い込む

胸式呼吸も併用するようになったのです。

腹式呼吸の利点】

◆胸式呼吸よりも酸素を多く取り入れることができ、
 体の新陳代謝が良くなります。

◆内臓の血液循環がよくなり内臓の働きが良くなる。
 腹式呼吸をする度に、腹筋が適度に運動して
 内臓をマッサージする効果があります。

自律神経が安定し「心」と「体」が安定します。
 腹筋を動かすことで
 お腹にある大きな神経叢(太陽神経叢)にも
 刺激を与えるためです。

 

 

腹式呼吸のやり方

「腹式呼吸するぞ~!」って、

意気込んでやろうとすればするほど、

なんか息苦しくなちゃうんですよね(;^_^A

 

瞑想する時なんか、特に!

「じゃぁどうすればいいの?」

って思いますよね?

 

①軽く息を吸って

②お腹のことは何も考えず

③息をゆっくり長く吐くことだけを意識して吐く。

 

こんな風に、ゆっくり長く息を吐くことだけを意識するのです。

長く息を吐いていると自動的に腹式呼吸になるんですね。

繰り返していると、

「あれ?自然にお腹がへこんでる!」ってわかりますよ。

私、瞑想する時「今から寝るつもりで…」と、

心で呟いて呼吸してます。

そうすると、体の力も抜けていいですよ!

 

これだけ身につけよう!

ただゆっくりと長く息を吐く

これさえできれば、自然と腹式呼吸になります。

必要以上に「腹式呼吸しなくちゃ」なんて、意識する必要もありません。

私たち、みんな赤ちゃんの時は無意識に出来ていたことですもんね。

 

では、どうやって身につければいいか?

 

日常生活の中で、ちょっと気分を変えたい時、

ちょっとストレスを感じた時等

あえて「ゆっくりと息を吐くこと」を意識してみて下さい。

 

「ちょっと焦ってたけど、ゆっくり呼吸したら、落ち着いた」

なんて効果を感じることができるようになると、

呼吸によって氣持ちが変化すること自体楽しくなります。

 

折り目、節目に、気が付いたら試してみて下さいね😉

 

まとめ

理想の呼吸って、

結局心と体を心地良くしてくれる息づかいのこと。

「ゆっくりと長く吐く息」さえ分かっていれば、OKです♪

 

良い呼吸(理想の呼吸)の基本

腹式呼吸

鼻呼吸

吐くこと優先!

あなたに合った呼吸法を見つけてストレスを軽減する方法

【簡単呼吸法!】呼吸で自分自身をコントロールできる理由【緊張・不安・健康・美容】

【呼吸法を変えると心も体も変わる】その仕組みとは?

 

参考図書:30秒でセルフコントロール 幸せ呼吸法 / ヤマハミュージックメディア